未来の子供たちへ負担をかけない家づくり

今や省エネ住宅はの高額な住宅の方程式となっています。

それは、『省エネ住宅=高性能住宅=高額な住宅』

これから新築を考えているメインの住宅取得層である20代、

30代の皆様にはなかなか手が届かないのが現状ではないでしょうか?

 

せっかくの住環境の良い住宅も、普及しなければ意味がありません。

これから家を建てられるすべてのご家族が、

地球にやさしい省エネ住宅に住めるよう、誰もが 手の届く価格で提供したい!

省エネ住宅の提供を通して施主の皆様とともに地球温暖化防止に貢献し、

子供たちの未来のために『持続可能な社会』を築いていきたい!

そのような想いで家づくりに励んでいます。

街並み4

 

 

新潟注文住宅アドハウスでは7つのミッション

ハーバーハウスのグループの新潟注文住宅アドハウスでは7つのミッションとして

家づくりを行っています。

1.満足度120%の新築プラン

2.CO2削減と将来の子供たちに負担かけない環境とやさしい住宅

3.住んでからの住宅もECO、光熱費に負担をかけない。

4.ECOで快適で健康な住まい。夏涼しく、冬暖かい高気密高断熱

5.建築家設計、意匠の住宅の価格も安心の納得のいく価格での提供

6.土地探しや住宅ローンの資金計画、住んでからの資金運用のFPによるアドバイス

7.新築した住宅の入居後のアフター対応の充実

 

新潟注文住宅アドハウスはこの7つをお客様への使命と考えています。

 

 

 

1.満足度120%の新築プラン

住み人が満足するのは当たり前と考えて将来、省エネ住宅とお子様の成長と併せて

子供部屋を変えやすいお部屋を考えた間取りに変えることが出来ます。

満足度120%の間取りはただ明るいだけのお部屋でなく心地いい導線と

空間の仕上がりです。

建築家ならではの住宅のしつらえです。

性能や間取りだけではなく、住環境、雰囲気、デザイン性、家族構成、暮らし方で

満足度120%の新築プランと思っています。

 

 

 

2.CO2削減と将来の子供たちに負担かけない環境とやさしい住宅

地球規模の温暖化で住宅の性能は高騰化しています。

性能はいいが単価の高い断熱材や気密性能の問題で換気システムや

電気代の消費となる部材を必要としています。

また、地球温暖化に伴う温室効果ガスの削減が叫ばれる昨今、

時代と逆行するかのように、家庭からのCO2排出量は大幅に増えております。

未来の子供たちに負担かけない環境とやさしい住宅を提案しています。

 

 

 

3.住んでからの住宅もECO、光熱費に負担をかけない。

住宅は新築してしまえば完了ではなく、住んでからもエコでなければならない

と考えています。毎日の電気代やトイレやお風呂、洗面からの水道代、

夕飯や夜寛ぐ時の照明は限りなく電気代がかかります。

LEDの照明や電気代のかからないでエアコンや冷蔵庫などの家電製品の提案など

光熱費に負担をかけない住宅の提供を考えて提案しています。

 

 

 

4.ECOで快適で健康な住まい。夏涼しく、冬暖かい高気密高断熱

住宅は昔は庇を長くして夏を重要と考えていましたから隙間のある住宅で

部屋の中は昼でも照明をつけないと過ごせない環境でした。

冬のことはあまり考えていないから冬は寒い住宅が多い。

最近、断熱材も広く普及しているグラスウールがメインとなって

壁の中が結露で断熱性のが下がる結果になっています。

各部屋にエアコンの普及で冬の結露ではなく夏の壁内結露が問題になっています。

夏涼しくは同じですが、冬は暖かい住宅を提案しています。

温熱等級は4等級は最高ランクの断熱性能と気密性を兼ね備えた住宅を提供しています。

 

 

 

5.建築家設計、意匠の住宅の価格も安心の納得のいく価格での提供

設計は一般的は、設計士や営業マンが設計をしています。

ポイントとしては、性能と間取りとコストと施工性を重視をしていますから

住宅を施工して完成するとどれも同じ住宅が出来てしまいます。

コストが安いと思いきや結構な住宅の価格になってしまいます。

建築家設計は性能間取りに加えて住環境や雰囲気、デザイン性、

家族構成による暮らし方の提案を新潟注文住宅アドハウスはご提案しています。

アドハウスの設計は建築家が行っています。

全棟邸別構造計算を行っています。

「建築家」と「設計士」が明確に区別

 

 

6.土地探しや住宅ローンの資金計画、住んでからの資金運用のFPによるアドバイス

住宅は住んでから35年間の住宅ローンのご返済があります。

どこに住むかどんな暮らしをするかで、住む場所も変わってきます。

お子様の学校区で選ばれる場合。買い物や医療関係で便利な立地条件で選ぶ場合。

土地探しが違ってきます。土地が決まって、間取りが決まって、仕様が決まって、

新築工事が完了して引渡しが終えてから住んでしまうと、住宅ローンが始まります。

住宅ローンは返済が完了して初めて自分の住宅になります。

お子様ガ成長して進学となると教育費がかかります。返済も完了近くとなると

職場の定年退職となり老後の返済も考えなくてはなりません。

新築始める前、住宅会社を選ぶ前に新潟注文住宅アドハウスで資産運用も視野に入れた

FPをして見ませんか。講師は外部のFP専門の講師です。

 

 

 

7.新築した住宅の入居後のアフター対応の充実

住宅は新築して完了ではないです。住んで生活していきますから

不具合が出る場合もあります。自動車と同じように点検や車検が必要になります

住宅の場合はアフターメンテナンスが必要となります。

お引渡後、半年、1年、2年、5年、10年と第三機関の保証会社と

ハーバーハウスのアフターメンテナンスが入居後も充実したアフターを行います。

家族構成が変わりますとリフォーム部門も対応します。

住宅は四季を通じて外壁や内装、住宅設備でメンテナンスが必要となる場合が

あります。安心して住み続けるにはアフターメンテナンスが必要となります。

 

 

例えば、33坪の住宅を新築した場合の比較表です。

 

一般住宅と新潟注文住宅アドハウスの住宅価格比較

■新潟注文住宅アドハウスはこの7つをお客様への使命と考えています。

 

新潟注文住宅adhouse無料設計