建築家に設計や施工を依頼したら高いと思いますか?

 

 

R+houseの開発の経緯、藤本修氏はどんな人?

 

 

「一生に一度の夢のマイホーム、できれば建築家の先生に頼んで外観や内装材の素材をうまく活用した

センスのいい住宅にしたいと思っている人も多いです。

 

でも、建築家で造る「デザイナーズ住宅」は高いから無理かも…」と思っていませんか?

一般的には設計は意匠などのテーストも含みますから高くなるのは事実です。

 

「建築家の家に頼んだらいくら掛かるのだろう?」

「造作家具も頼んだら高くなるだろうか?」

「建築費が高くなる」ことは想像できることでしょう。

事実、「価格面を気にして建築家に頼まずローコストの住宅にした。」

 

とそのような話もよく聞きます。

 

ではなぜ高くなるのでしょう?

 

 

 

 

ハーバーハウスグループの新潟注文住宅アドハウスの家は建築家が設計します。

設計士が設計するのとは違い、仕上がった住宅の外観や

内装、造作家具のクオリティとテーストが違ってきます!。

アドハウスの建築費は特別価格で「限定1棟が特別仕様」

景観エリアモデルの一環として募集しています。)

 

 

一般住宅と建築家の家アドハウスの延床面積33坪新築住宅の建築費の比較表

 

ワンランク上の注文住宅は仕様が良くなって、構造が丈夫で長持ちすることが

住宅の性能がワンランク上の住宅担っています。

仕様内容と構造内容のどちらも重要ことで、さらにテイストの違いがポイントとなります。

 

建築家で高い理由につきましてはいろいろあるとは思います。

その答えの一つとして、「何度も打ち合わせをするから」、

「建築家はコストより意匠を優先するから」などです。

 

建築家が設計した住宅は見た目の感じが違ってきます。

大きな違いは素材や外観の意匠性のテイストです。

 

ローコストとは、見た目や内装の仕上がりや使い勝手の良さは違ってきます。

さすがクオリティとテイストが違うと思います。

 

 

 

でも、建築家で建てたいと思っていても予算のことで断念することがあると思います。

大手ハウスメーカー並みの住宅価格ともなれば考えてしまいます。

 

一生にそう何度も建てることが出来ない住宅なので建築費は抑えたいものです。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

新潟注文住宅アドハウスではハーバーハウスの住宅価格と同じ建築費で建てられます。

クオリティとテイストが良く、設計は建築家が設計と意匠性もご提案します。

但し、12月20日まで限定1棟が特別仕様で叶えられます。

 

 

 

ハーバーハウスの表示価格は、地盤改良工事から始まって

本体工事、設備工事、外構工事はもちろん、屋外給排水工事から、

全室照明、さらには消費税まで、すべて含んだ安心のコミコミ価格です。

 

 

一般住宅と建築家の家アドハウスの延床面積33坪新築住宅の建築費の比較表

 

 

・アドハウスは床材は無垢材(バーチ、オーク、メイプル、アカシア)

建具はオリジナルのフルハイドア、住宅設備はオリジナルを使用します

構造や仕様のスペックはVer Upした内容で限定5棟を提案しています。

多数の応募の場合は抽選となります。

アドハウス(adhouse)のお問合せはこちらかお願いします。

 

 

新潟注文住宅adhouse無料設計

→ >> ご相談・お問合せ

 

→ >> アドハウスモニターキャンペーン限定1棟特別価格募集