アトリエ建築家の家は高くて寒いと思っていますか?

>> アトリエ建築家の設計は高くない?

アトリエ建築家こだわりの家

新潟注文住宅adhouse無料設計

 

アドハウスはアトリエ建築家の家

商品:クラッセ・ウーノ、クラッセ・ドゥーエ、クラッセ・トーレの

3種類の商品からなります。

性能により商品が変わってきます。

西野中野山分譲住宅1中央区長潟南土地区画整理地2

新潟でのアトリエ建築家の家はこだわりだけが強く、性能が伴わず

単に価格だけが先行しているイメージかと思います。

 

新潟のアトリエ建築家の家と一般住宅との性能比較は長期優良住宅、

高気密高断熱仕様にそれぞれの違いがありその評判や評価などの

新潟での情報をまとめました。

 

エリア地域は新潟県全県ではないですが、新潟市を中心にすべての区、

胎内市、新発田市、阿賀野市、三条市、燕市、長岡市になります。

実績としましては年間200棟の新築を引き渡ししている会社です。

 

デザイナーズ住宅の住宅はなぜゆとりがある家作りができるのでしょうか?

アトリエ建築家は新潟のハウスメーカーの社内設計とは違い空間の使い方が

とても上手かと思います。

 

ゆとりある住宅は、理屈ではなく体感からくるものです。

吹き抜けがあったり、空間を構成するためにスキップフロアーを組合せて

行うと坪数が小さいお家でも広い空間が提供できると思います。

>> アトリエデザイナーとのかかわり方

アトリエ建築家(女性)

 

 

吹き抜けがあると構造的弱い?断熱性能が低いと思いがちですが、

逆に構造は大空間を作りますので構造は強くなくてはいけないのです。

耐久性や耐震性を高め、地震にも安心の制震工法が望ましいです。

品格法でいう耐震性の数字が大きほど耐震性能は高くなります。

制震工法は1階の揺れと2階の揺れが耐震では2倍になりますが

この方法ですと1階も2階も同じ揺れになります。

 

 

デザイナーズ住宅は空間をベースにしますので冬の暖かさや夏の涼しさが

とても重要になります。

断熱材もFF断熱が有効です。窓のサッシは単なるペアサッシではなく断熱性が高く紫外線を

抑制する必要があります。エアコンなどの電気代を抑えるためです。

窓サッシはLow-Eタイプのサッシの他に気密性能が高くないと吹き抜けなどの

空間は作れなくなります。

 

 

断熱性能や気密性能は今や数値化して明示しています。

それが、断熱性能をQ値、気密性能をC値で表されます。

 

 

国の省エネ基準ではQ値を2.7W/㎡・K以下の数値を省エネ基準です。

単位の中で「K」は熱貫流値で建物面積とK値の数字で関係したものが

Q値で表されます。

 

 

気密性能の基準は5cm2/㎡以下の小さい数字が気密性能の基準になり、

計画換気が経路の隙間によって空気がよどむことがなくなり快適な空間が

得られることになるので快適さと性能が高くなります。

吹き抜けなどの空間を作るときは1.5cm2/㎡以下が望ましいです。

それは、気密が悪いと計画換気がきちんと行えず生活臭が残ってしまいます。

 

断熱のQ値はR値やμ値と単にK値を延べ床面積で割った数値ではなく、

外皮の面積と家電の消費電力も数値の対象になるようになりました。

アドハウスのクラッセ・ドゥーエ、クラッセ・トーはQ値を1.0※前後の数値は

※間取りによりますが断熱材とのトータルの数値にもなります。

断熱材だけでなく、サッシの性能だけではなく、換気の性能だけではありません。

トータルのバランスによります。

 

 

アドハウスでは断熱や気密性能だけではなく、FPセミナーによる

資金計画を超えたセミナーを行っています。

毎月1回を限定で行っています。

 

1回のセミナーを予約制の10組で行っています。

講師は外部のFPの専門家を招いて行います。

無料ですが予約制を取らさせていただいております。

 

お金の増やし方ではなく、住宅ローンとお小様の教育のこと、

ご自身の老後の生活どのようにすればよいのか?

キャッシュフローでわかるご自身の対策法が伝授されます。

 

 

アドハウスでは土地の紹介を行っています。

立地条件等で土地を選び新築が出来ます。

 

 

・リンクタウン西野中野山分譲地の1区画

→ 完売しました。

西野中野山分譲住宅4

 

 

・中央区長潟南土地区画整理地内の1区画

>> 中央区長潟南土地区画整理地の立地条件との閑静な住宅街の住み方

中央区長潟南土地区画整理地

 

 

新潟注文住宅adhouse無料設計

 

一般住宅と建築家の家アドハウスの延床面積33坪新築住宅の建築費の比較表