このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]
Facebook にシェア

 

アトリエ建築家の家は高くて寒いと思っていますか?

 

カッシーナのLC2ソファのあるショールーム新潟注文住宅アドハウス

 

アトリエ建築家の家のアドハウスやアールプラスハウス

新潟でのアトリエ建築家の家はこだわりが強く性能が伴わず

単に価格だけが先行しているイメージかと思います。

 

新潟のアトリエ建築家の家と一般住宅との性能比較は長期優良住宅、

高気密高断熱仕様にそれぞれの違いがありその検証や評価などの

情報を新潟のアドハウスが自然素材を元にまとめました。

 

エリア地域は新潟県全県ではないですが、新潟市を中心にすべての区、

胎内市、新発田市、阿賀野市、三条市、燕市、長岡市になります。

実績としましては年間100棟の新築を引き渡ししている会社です。

 

デザイナーズ住宅の住宅はなぜゆとりがある家作りができるのでしょうか?

アトリエ建築家は新潟のハウスメーカーの社内設計とは違い空間の使い方が

とても上手かと思います。

 

例えば、ル・コルビュジエ建築のサヴォアなどのアトリエ建築ならでの建物です。

自然素材や空間の使い方がアトリエデザイナーならでの提案。

カッシーナのLC2ソファのあるショールーム新潟注文住宅アドハウス

 

 

ゆとりある住宅は、理屈ではなく体感からくるものです。

吹き抜けがあったり、空間を構成するためにスキップフロアーを組合せて

行うと坪数が小さいお家でも広い空間が提供できると思います。

 

吹き抜けがあると構造的弱い?断熱性能が低いと思いがちですが、

逆に構造は大空間を作りますので構造は強くなくてはいけないのです。

耐久性や耐震性を高め、地震にも安心の耐震等級2以上、3が望ましいです。

数字が大きほど性能は高くなります。

 

デザイナーズ住宅は空間をベースにしますので冬の暖かさや夏の涼しさが

とても重要になります。

 

断熱材や窓のサッシは単なるペアサッシではなく断熱性が高く紫外線を

抑制する必要があります。エアコンなどの電気代を抑えるためです。

窓サッシはLow-Eタイプのサッシの他に気密性能が高くないと吹き抜けなどの

空間は作れなくなります。

 

断熱性能や気密性能は今や数値化して明示しています。

それが、断熱性能をQ値、気密性能をC値で表されます。

 

国の省エネ基準ではQ値を2.7W/㎡・K以下の数値を省エネ基準です。

単位の中で「K」は熱貫流値で建物面積とK値の数字で関係したものが

Q値で表されます。

 

気密性能の基準は5cm2/㎡以下の小さい数字が気密性能の基準になり、

計画換気が経路の隙間によって空気がよどむことがなくなり快適な空間が

得られることになるので快適さと性能が高くなります。

吹き抜けなどの空間を作るときは1.5cm2/㎡以下が望ましいです。

それは、気密が悪いと計画換気がきちんと行えず生活臭が残ってしまいます。

 

アトリエ建築家の家は長期優良住宅の基準をはるかにクリアしています。

長期優良住宅とは、国が決めた基準がありますその全てをクリアする必要が

あります。

 

長期優良住宅の認定基準には、劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、

可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、

維持保全計画の9つの性能項目があります。

長期優良住宅とは

 

なぜ、長期優良住宅が人気なのは単にゆとりある快適空間を演出するものでは

ないのです。これ住まう住宅を長持ちし、ライフサイクルコストがかからない、

性能の高い家を提供することを目的につくられました「長持ちする家」です。

当然、標準で長期優良住宅の基準を満たしており、様々な税制優遇を

受けることができます。

 

 

長期優良住宅を取得することにより、住宅ローン減税や固定資産税減額の

3年から5年への期間延長、登記費用の一部免除など、認定基準を満たしていれば

ある程度の税制優遇メリットを受けることができます。

さらに、税制優遇により軽減できた住宅ローン減税からくる還付金からのの資金を

住宅ローン返済の一部として繰り上げ返済に使うことにより期間の短縮など

そのメリットはより大きなものになります。

アドハウス商談ショールーム(カッシーナMARALUNGA)2

新潟のハーバーハウスではアトリエ建築家とコラボして家づくりの提案をしています。

アトリエ建築家といえば建築費が高額と思いがちですが、手の届く価格で提案しています。

例えば、36坪の家をアトリエ建築家に依頼したら2500万円以上は普通ですが

ハーバーハウスはいいものを安く提供しています。

 

同じアトリエ建築家とコラボしたハーバーハウスでは2000万円で提案しています。

その2000万円の中には、建築家の設計料や意匠料も含んでいます。

その他、屋外給排水工事などの付帯工事、地盤改良工事、外構工事、各居室のエアコン付き

提案になります。

一度、住宅ローンなどの資金計画やアトリエ建築家と家造りして見ませんか?

 

 

 

 

 

→ >> ご相談・お問合せ

 

→ >> ご相談・お問合せ(スマートフォン)

 

 

 

 

 

>> 会社概要

>> アクセスマップ