このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]
Facebook にシェア

免疫住宅の仕様について

当社がご提案する住まいの空間は、

有害化学物質を分解除去し、カビや感染菌などの

病原性微生物の繁殖を抑制します。・・・

FFC

 

 

当社は業界の定説「化学物質対策を施した家=健康住宅」をあえて否定します。

当社はエコロジアを初めアドハウス(adhouse)の仕様を標準としています。

今や「国内のシックハウス症候群の原因は有害化学物質だけではなく、

特有な高温多湿気候から来るハウスダスト特にダニと、ダニの主食であり、

又自らも有害化学物質を生成するカビなどの微生物にもある」

との学説が主流となっています。

FFCimg1

 

当社は実態と整合するこの学説を支持し、緑膿菌やブドウ球菌(MRSA)

・カビ菌などの病原性の悪玉菌を消菌し、乳酸菌やビフィズス菌などの

善玉菌を増殖させる機能を持つ物質「二量体鉄塩」を含んだ内装材を

居住空間に使用することにより、快適な健康空間を提供します。

このような空間を実現するために…

 

 

2005「愛・地球博」で、オフィシャル技術として採用された「FFCテクノロジー」

という手法を使って処理した建材で空間を創造します。

株式会社ウッドサークルが「FFCテクノロジー」を開発しました。
http://www.immwood.jp/

「愛・地球博」のセンターゾーンに設置された世界最大級の緑化壁

「バイオラング」では、FFC処理された水が使用され、垂直な壁という

過酷な条件下でも植物は健やかに生育を続けます。(写真)

FFCの鉄tetu1

また、この水を元にした霧「FFCバイオミスト」が定期的に噴霧され、

自然の叡智を演出しています。

 

 

●住まいの不健康因子の連鎖を断ち切るために・・・

高温多湿な日本の住まいのシックハウス対策は

有害化学物質

ハウスダスト(特にダニの死骸・フンなど含まれるタンパク質成分)

ダニのエサであり、自らも有害物質を発生するカビ

感染症を引き起こす病原性微生物(悪玉菌)

以上4点への同時対処が不可欠です。

 

この建材での家造りをFFC ? 免疫住宅と言います。

免疫住宅、FFCの詳しい内容は、ハーバーハウスのオープンハウス

または、事務所にお越しくださいお役に立つお話ができると思います。

 

 

→ >> ご相談・お問合せ

 

→ >> ご相談・お問合せ(スマートフォン)