このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]
Facebook にシェア

●高性能な基礎断熱タイト・モールド工法

高耐久・高品質・省エネの戸建住宅は『基礎』が違います。タイト・モールド工法とは、基礎の方法です。

今の家は「ベタ基礎」が主流になっています。土台部分の立ち上がりと床下コンクリートを一体化した地震に強い基礎です。

 

ところが、断熱は床下断熱の工法を採用し、布基礎よりはベタ基礎の方が床下のコンクリートからくる外気の冷気の影響を受けやすいです。

adhouseの高性能な基礎断熱タイト・モールド工法

 

基礎断熱タイト・モールド工法は、「床」ではなく「基礎」全体で「断熱」することで凍結深度(地面が凍結する深さ)までしっかり断熱することで冷気もシャットアウト!基礎の外側でしっかり断熱すれば、床下は外気温の影響を受けにくくなります。

一度にコンクリートを流し固めることができるので継ぎ目のないベタ基礎を形成できる。結果、耐久性、耐震性が一般的な2 回打ちのベタ基礎と比べて大幅UP!!

 

 

●基礎断熱の家の特徴としては、

家を支える基礎部分のコンクリートは、熱をよく伝え蓄熱(蓄冷)する性質を持っています。どんなに建物の断熱をしっかりしても、寒い冬、床下空間には基礎から伝わる冷気が長期間とどまり、床下の断熱材事態が冷たくなります。そのため床面が冷たくなり、足下が冷える原因となります。

タイト・モールド工法のベタ基礎(1 回打ち)

 

●タイト・モールドは断熱材でできている型枠です。

これは、基礎コンクリートを地面が凍結する深さまでしっかり断熱し、外気温に左右されずに床下に太陽熱と地熱エネルギーを蓄えられる構造をつくります。ランニングコストがかからず、省エネでエコな暮らしを実現できるのが特徴です。冬場は寒くなりがちなキッチンや脱衣所も、リビングと床温度は変わらず、室内温度がほぼ一定に保たれた快適な空間を実現できます。

エコを追求したタイト・モールドで、ぜひ快適ライフを実現してください。

 

 

adhouseは地震に強い家にこだわり、標準で長期優良住宅仕様対応になっています。快適で省エネで過ごせて、夏は涼しく、冬は暖かい住宅です。

 

adhouse(アドハウス)は高性能な住宅を新潟市、新発田市、阿賀野市、三条市、燕市、長岡市をエリアとして片道90分で行ける距離を施工エリアとしてお手頃価格の高気密高断熱住宅をご提供しています。

タイト・モールド工法バナー

 

●住宅性能評価に沿った構造計算書

アドハウスが手掛けている「アトリエデザイナーとつくる家」は創業時より全棟自由設計で、しかも全てにおいて住宅の構造計算を基礎から躯体までを自社で行い、構造計算専門の建築設計士1級のスタッフがおりまます。

住宅性能評価基準に沿った構造計算ですからそのまま申請は可能のものです。

 

一般的には、基礎の上からの構造計算を行っています。

住宅性能評価に沿ったものではなくその会社が決めたは任意のため申請は専門の設計事務所に依頼して新たに申請が必要です。

 

 

アトリエ建築家の高性能で手の届く範囲の価格がリーズナブルなのは余計な固定費がかかっていないことと、1年間の着工棟数は100棟の実績があり、建材や住宅設備の仕入れはスケールメリットで購入することができる為にお客様に広告費との差額を安心して建てられる住宅価格として還元しています。

→ >> ご相談・お問合せ

 

→ >> ご相談・お問合せ(スマートフォン)

 

 

詳しくは、ハーバーハウスの事務所かオープンハウスにお越しください

お役に立つお話ができると思います。

 

 

>> 会社概要

 

 

液状化にも強い地盤改良「HySPEED工法」

 

 

 

 

 

 

新潟注文住宅adhouse無料設計