省エネ等住宅の温熱等級の4等級の省エネ効果とは

>> 省エネ等住宅の高気密高断熱の取り組み、アドハウスの評価

玄関ホールとエコカラットのウォール1

 

 

家づくりは何から始めればいいの?

と悩む場合があります。諸費用や固定資産税はいくらかかるの?

家の間取りを考える前にそれ以外のことを考えがちです。

建築費は安くしたいが、ローコストのいかにも安い作りの

住宅は嫌だと思うのは当然です。

冬は暖かく、夏は涼しく!電気代がかからない住宅を建てたい。

 

その為には、省エネ等住宅でのコスト!

イニシャルコストとランニングコストでどちらもかけたくない。

住宅展示場で大手のハウスメーカーのモデルハウスを見学しても

広すぎでイメージが今一つつかめない。

ただ、建築費を聞いて“ビックリ”するだけです。

また、ローコストの住宅を見ると質感やテーストの違いに何となく違和感が。

ハーバーハウスの住宅のラインナップで特にアドハウスがそんな方におススメ!

地元新潟の有名な建築家とつくる住宅の「アドハウス」

建築家の設計料も節約できコラボレーション仕上がった住宅は質感とテーストは

納得できる内容になっています。

 

 

建築家の設計料を含んでも「36坪で200万円」でコミコミ価格の内容

コミコミ価格は建築費の本体価格+付帯工事+地盤改良工事+エアコン+外構が

含んだ内容になっています。当然消費税も含んでいます。

地元の建築家、県外の建築家、日本でも有名な建築家とのコラボです。

住宅展示場のモデルハウスは素晴らしいが、実際に建った住宅の完成見学会に

参加すると気づくことがあります。「普通」とモデルハウスのとのギャップに

気づきます。

131102b_07_1

アドハウスはバリエーションは豊富です。

内断熱の高気密高断熱や、外断熱工法の住宅。

外壁は窯業系からジョリパットの塗壁(吹き放しや櫛引など)のオリジナル性

ワンランク上のステージを考えている人にはお薦めの内容になっています。

キッチンは、ワイドカウンター、アイランドキッチンと通常のキッチンではなく

個性を強調できる内容です。

リビングやダイニング、キッチンと各居室の質感やテーストのこだわりが

叶う内容になっています。

 

エントランスからの演出。玄関ホールからのリビングへの雰囲気が

何かが違うと感じるはず。それは体験してみないとわからないものです。

アドハウスは現在、建築家と共に各お客様と進行しています。

 

 

新築の時気になるのは予算、建築費です。

この金額はどこまで?本体だけ。付帯工事は?消費税は?仕様はどんな内容?

外構は?エアコン?地盤改良工事まで含んでいるのでしょうか?

プランの提案と見積を提示してもらうと、よく地盤改良は地盤調査後になりますから

別途費用になりますとか。気密や断熱性能がどのくらいかと気になるものです。

ハーバーハウスの住宅の商品のすべてのタイプは温熱等級4等級です。

省エネ住宅にりそのために、平成24年5月17日、ハーバーハウスは

「省エネルギー対策等級(温熱環境に関すること)」において、

「住宅型式性能認定」を取得いたしました。

つまり、国が認めた基準です。

 

 

【住宅型式性能認定とは?】

「住宅型式性能認定」とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、

住宅または住宅の部分で国土交通大臣が定めるもの型式が「評価方法基準」に

従って表示すべき性能を有することをあらかじめ審査し認定するものです。

「省エネルギー対策等級(温熱環境に関すること)」

 

省エネルギー対策等級4級のお得情報です。

祖父母や両親から援助を当てにして贈与の非課税が来年も1000万円ではなく、

平成25年の贈与税の非課税枠は700万円の枠しかないです。

省エネ等住宅だと1200万円の枠があるが申請と性能証明書等が必要とあります。

通常、専門機関の申請は費用が発生します。

 

長期優良住宅認定などの申請をして省エネ等住宅の認定を受けなくてはなりません。

建設住宅性能評価書、住宅性能証明書が必要になり結構な費用が掛かります。

やっぱり700万円で諦めてしまうか・・・・。500万円増やして非課税枠の

1200万円まで増やす方法があります。

 

300万円に贈与税を支払って援助を受けるか?贈与税は相続税と並んで

税率が高いので有名です。

贈与税を支払わなくとも、相続時精算課税を利用しなくとも

出来る方法があります。

それが住宅の性能で、省エネルギー対策等級4級のお得情報です。

 

建築家とつくる家のアドハウスの仕様は最初から基準を満たしているの

省エネ等住宅の基準を満たしているので500万円の割り増しとなり、

700万円から1200万円に贈与税の非課税枠がアップします。

住宅取得にかかる贈与

 

 

ハーバーハウスのアドハウスは仕様を変えずとも、省エネ等住宅の条件を

満たす内容になっています。

資金計画相談会セミナーに参加するとわかりやすく解説しています。

申込方法は無料でおこなっています。

一度、相談してみてはいかがですか?

>> 資金計画相談会セミナーはこちらから

資金計画1mini

 

 

アトリエ建築家はより大きな範囲で、住まい手の「暮らし方」や「住まい方」

を考えながら住宅の新築計画をうまく形にしていきます。

その住宅で暮らす人にあった雰囲気やその町にあったデザインを考えていくのです。

 

ハーバーハウスからの資金計画としてのご提案。

いくら借りて、毎月いくら支払えるか気になると思います。

どんな支払方法がある家のご提案です。

それが10分でわかる住宅ローンの500万円お得な方法です。

資金計画2

 

 

詳しくは、ハーバーハウスの事務所にお越しください

お役に立つお話ができると思います。

→ >> ご相談・お問合せ

 

→ >> ご相談・お問合せ(スマートフォン)

 

 

 

>> 会社概要

>> アクセスマップ