土地選びは価格で決めますか?地形や立地条件で?

>> 間違えない土地探しと選び方のコツとは?常時1500物件

街並み風景1

 

 

新築で土地選びは折り込みチラシや不動産屋情報から

お求めになる土地の相場を確認してから土地探しを一般的に

行われています。一概に高い土地、安い土地と決めるより活用の仕方、提案の仕方で。

 

この土地選びは、新潟のアドハウスの土地の地形の問題と

選び方についての検証?や間違えない土地選びのコツの評価や

購入者の感想などの情報をまとめたものです。

 

 

分譲地のように地形がきれいで正方形や長方形はわりと設計士や

建築家に依頼しても思い通りに近い間取りになると思います。

建物を建てるときは土地の価格や建物の価格だけで決めるのではなく

総額として見ます。

“土地代”+“建物代”+“付帯工事”+“地盤改良”+“諸経費”

の総額になります。

 

 

新築をすべて現金の場合はこのままでも良いのですが、一般的に

銀行などの金融機関に借入をして新築する人がほとんどです。

先に示した“建築費+土地購入の総額”は資金計画をする場合は

これだけではなく、借入するる時の金融機関の利息が必要になります。

総額と言えば、土地+建物で、2000万円、3000万円と積算になります。

金融機関への支払い、月払いには元金の他に利息がプラスされています。

総額支払いの見方が少し変わってくるかと思います。

>> 共働き夫婦ための資金計画とは?

不動産情報

 

 

総額を少しでも安く抑えたいと思うのはごく自然なことだと思います。

建物の価格や土地は分譲地ではなく地形が少し悪い土地で総額を抑えがちです。

地形が悪い土地よりは地形が良い方がプランする時は有利です。

それに価格が伴えばなおいいと思います。

土地の価格を抑えるのは何も地形が悪い土地を選ぶことがベストな方でしょうか?

アトリエ建築家こだわりの家

 

立地条件がすくし悪いだけで売れ残った分譲地の土地や相対的な地形が良いが

旗竿のように入口が少し狭い土地はプランの仕方によって変わってくると思います。

プランの仕方?会社の社員の設計士や設計を専門としてあらゆる要望に応えられる

アトリエ建築家によって、プランの仕方が変わってくると思います。

 

一見、高いように思うかもしれませんが実際にはそれほどではないというような

ことはよくあります。

 

例えば、アトリエ建築家に意匠から設計を依頼した場合、アドハウスでは

新潟の建築家と一緒に一生の家を手掛けるアトリエ建築家の家をコラボしています。

36坪で設計料込で1800万円の住宅が叶うことになります。

→ >> ご相談・お問合せ

 

→ >> ご相談・お問合せ(スマートフォン)

 

 

 

totisagasi